代表理事ご挨拶

Paw in Hand(ポーインハンド)って何?と疑問に思って来られた方もいらっしゃるでしょう。
”Dog is man’s best friend” というフレーズが西洋では、古くから使われています。そのソースにはいろいろの説がありますが、西洋では皆が知っている言葉です。そうなのです、人の最良の友として、神(GOD)が犬(DOG)を作ってくれたのです。
Hand in Hand で人と人が手を取り合うという意味から、もじって、犬のPawと人間のHandを取り合って生きていく、そんな思いから名づけました。

日本でも西洋でも、大昔から、犬は常に人にとって、最も身近な存在でした。
そんな犬が人間社会で理想の共生をして行ける術を追及していく活動をするため、2015年、この法人を立ち上げました。

この法人を立ち上げたときから、日本の動物愛護の考え方も、かなり変わってきました。10年前なら人間に遺棄された犬猫たちは、ほとんどみな、ガスによる殺処分機で殺されて意味ました。

今でもそのことすら知らない人も多いかとは思いますが、現在たくさんの身を削って活動をしている、愛護団体、ボランティアの皆様の活躍で、こうした犬たちが第2の犬生を送れるように日本も変わり、殺処分される犬猫たちも少なくなってきました。

ですが、ただ、殺処分0と唱っていれば、心地良い、現状をよく知らない一般の人から、お涙を頂戴、かわいそうだからといって、寄付を頂戴できるという、そんな団体もしばしば見られるので、皆様どうぞお気を付けください。それだけでは、日本の抱える問題は、まったくもって解決しません。

なぜ、このように遺棄される犬たちが多いのか?まず、容易に犬が手に入りすぎることと、法律で犬は「物」と定義されていることです。

日本では、商業施設での生体展示販売があります。このビジネスを支えているのが劣悪な環境下で、機械のように子供を産ませているpuppy mill(繁殖屋)そして幼いうちでないと売り物にならないとして、親から充分な、社会性や免疫を身に付けずに引き離された仔犬たちが、品物のように競りにかけられる、おぞましいpet auction(競り市)があります。ここで競り落とされた、毎日千匹以上の犬が店頭で販売されているのです。

命が店頭で売られていることに、なにも不思議を感じないのでしょうか?

犬ってペットショップで買うものでしょと思っている人がいかに多いか?

ペットショップで買う人の10人に1人が、殺処分される運命のワンコの里親になってくれたら。我が国の殺処分はゼロになりますとよく言われます。

それより、誰もペットショップで買う、このことをやめれば、こんなpuppy millで苦しむ親犬や、流通途中で命を落とす仔犬や、一般家庭に行っても、一生病気を背負う犬も生まれないのです。この悪い慣習が、自然淘汰されるのです。

まずは、殺処分0という言葉に踊らされず、その蛇口を占めることなのです。

西洋と先ほど書きましたが、犬に対する考え方も国それぞれに違います。
私は、一番の動物先進国は、スイスと気づき、スイスをお手本に活動をしております。
どの国にも、いろんな人がいて、愛犬家も、犬嫌いもいますし、動物虐待をする人もいるでしょう。しかし、犬が社会の一員として、しっかりと守られている、一番の国はスイスと信じております。その、細かい内容は、これまで、またこれからも、私が、スイスにわたり学んできたことをお伝えしていきたいと思います。

日本が敗戦したとき、マッカーサー元帥が、「日本よ、東洋のスイスであれ」といったという話が伝えられています。ある意味、几帳面で、細かい技術に優れた国民性は、日本人と大変良く似ていると思います。国土や人口密度や、政治を考えると、そのまま、すべてを日本人に当てはめることはできません。しかし、スイスから多くを学び、私は活動していきたいと思います。
これから、私の余生は、スイスをお手本にした「犬は社会の一員」のテーマを追求してまいりたいと思います。

私には、愛犬Calmeがいます。私は、この仔が、いとおしくてたまりません。そのいとおしさは、私にとって日本中のワンコへの愛に繋がり、3年前にこの法人を立ち上げようと思ったのです。日本中のワンコがいとおしいのです。全身全霊で日本を変えます。私にしかできない方法で・・・。どうか力を貸してください。
代表理事 増田裕子

PAGE TOP